本文へジャンプ
ドライとの出会い(回想)

                                                            
第2編 絶頂の快楽へ

   1.連日の挑戦         2008-06-08   (2009-06-14 up)
   
2.変態オナニー        2008-06-14   (2009-06-14 up)
   
3.微妙な快感         2008-06-15   (2009-07-11 up)
   
4.焦らし作戦         2008-06-21 №1 (2009-07-18 up)
   
5.ついに絶頂の快楽が     2008-06-21 №2 (2009-08-01 up)
   6.優しさに包まれて      2008-06-21 №3 (2009-08-15 up)






                                            (画像をクリックすると拡大します)
           (2009-06-14 up)

1.2008年6月8日(日曜日)

【連日の挑戦】

 アナルからのワセリンの排泄は昨日のうちに治まって、身体はいつもの状態に戻りました。やっとの思いで貫通した美絵のアナル、元に戻ってしまったら元も子もありません。連日の挑戦で少々無理をしますが、貫通だけは確実なものにしておきたいものです。

 昨日の反省から、ワセリンの量を減らして早速挿入です。 相変わらず美絵のアナルは壁のような抵抗を感じます。 しかしそれは始めだけでした。力を加えると、『ズボッ!』 とエネマローターの先端がアナルに簡単に納まり、軽く押し込むと末端まで『ズボズボズボ』 と一気に呑み込まれてしまいました。

 一瞬傷みを感じましたが、昨日のような激痛はありません。 美絵のアナルは「エネマローター」をしっかり覚えていたようで、その適応の速さには驚きです。

 美絵の肛門は性的興奮でパンティに染み付くほど濡れることを以前から自覚しておりました。 美絵のアナルは女の子と同じような機能を有してるような気がしてなりません。 『ドライオーガズムは必ず来る』、そう期待していいはずです。

 しかし、今日も「ドライオーガズム」の気配さえ感じることができません。前立腺を一生懸命刺激してるつもりなのに、昨日と同じあの「尿意」と軽い「鈍痛」があるだけです。



(終えてから)
 昨日の下痢のようなワセリン排泄がまったくありませんでした。量を減らしたこともひとつですが、美絵の生体がワセリンを異物(外敵)でないと認めてくれたようです。人間の身体はうまくできてるものですね。まずはワンステップアップで良しとしなくては・・・。


                         TOPへ







【パンティを下げて、いざ鎌倉!】再挑戦のこの日、
期待で濡れる美絵ですが・・・
軽く一気呑すれど、

まったく進歩なし,  ガッカリ。

           (2009-06-14 up)

2.2008年6月14日(土曜日)

【変態オナニー】

 2回目の挑戦からすでに1週間経ちました。その間、気落ちした美絵はパンティを穿いたまま性器をしごき、そのままパンティの中に射精する、いつもの変態オナニーで耐え忍んでました。パンティを汚してしまうのですが、とっても気持ちいいのでやめられません。美絵はほとんど毎日、このようにオナニーしないと身体が持ちません。

 さて休日のこの日、昨夜汚したパンティの洗濯も朝のうちに済ませ時刻はすでにお昼。 もっともっとすばらしいオナニー「ドライオーガズム」 を目指さねばなりません。今日で早3回目の挑戦です。

 挿入時の傷みはなくなり、エネマローターを押し当てちょっと力を加えただけで、アナルは素直に開くようになりました。

 挿入されたエネマローターを前後に動かすと、あれほど痛かった肛門の開閉や摩擦が、逆にとても気持ち良く感じるようにさえなってます。まるで女の子になったみたい、すばらしい進歩です。あとは美絵の体の中で、気持ちいいことが起きてくれることを祈るだけです。

 しかし、この日も15分ほど挑戦しましたが何の反応もなくだめでした。変わったことと言えば鈍痛がしなくなったことです。これは単に前立腺が慣れたためでしょうか。一歩前進の兆しならいいのですけど。


                         TOPへ





【普段の美絵の変態オナニー】こうやって擦ると
ナイロンのスベスベが気持ちよくて・・・
あっという間に射精
勢い余ってパンティの表面にまで噴出
生暖かくて気持ちいいです。

           (2009-07-11 up)

3.2008年6月15日(日曜日)

【微妙な快感】

 昨日に続いて4回目の挑戦。挿入時の傷み、そして鈍痛も無くなったことで、リラックスして臨めます。今日こそです。

 いつものようにエネマローターを奥まで挿入します。少し戻して角度をつけて前立腺を刺激しようとした、そのときでした。 『ジィー・・・・・』 とする連続的な不思議な快感? 麻痺? 言葉にするのが難しいのですが、とにかく感じるのです。腰の奥底がわずかに痺れるような、そんなもんです。『サラサラ』 と微妙に気持ちいいです。しかし、わずか30秒程で感じなくなってしまいました。

 しばらくしてもう一度、エネマローターの頭の突起を前立腺に押し付ける位置にしっかりキープ、そして呼吸に合わせてアヌスを締めたり緩めたり・・・ 来た、また来ました。先ほどと同じ痺れです。

 これは一体何でしょう。ほんの小さな小さなもので、うっかりしてたら気付かないほどです。美絵、『アゥアゥァァァ・・・・・・ 』と小さく呼応して待つのですが、残念ながらそれ以上の変化は何も起きません。 

 しかし、これはネットで読んだ「ドライオーガズム」の初期症状のような気がします。本来ならこれが徐々に増幅されて爆発的な快感になるのです。はっきり断定できませんが「ドライオーガズム」の兆しです。 今がチャンス!美絵一気に興奮です。わくわくしながら何度も繰り返しましたが、そのうちにまったく何も感じなくなってしまいました。


(反省)
 美絵、今回は焦りすぎでチャンスを逃したようです。それと、うっかり忘れてました。呼吸に合わせて6・7分の力でアナルを締めたり緩めたりするのは「ドライオーガズム」を得るための大切な方法のひとつであること、ネットで読みました。今日はこのことで前立腺を刺激していたのです。手を操作して前立腺を「ゴリゴリ」するよりうまくいきそうです。次回こそです。


                         TOPへ





【黒の下着で挑戦】
セクシー気分で精一杯頑張ろうとする
涙ぐましい今日の美絵


リラックスして望めるようになりました
お湿り十分で準備OK


このあと微妙な快感が・・・
ドライが始まった?


           (2009-07-18 up)

4.2008年6月21日(土曜日) その1

【焦らし作戦】

 あのわずかな快感を得て1週間、すぐにでもドライオーガズムに挑戦したかったのですが、意識的にガマンすることにしました。普通のオナニーでもそうですが、ニ三日空けると、より強烈なオーガズムを得ることができます。『自分の体(アナル)を焦らしてやればきっといい結果を期待できる』 と思ったのです。

 案の定、今日は早くやりたくて、エネマローターにワセリンを塗る手が震えます。美絵の小さな心臓もいつもよりドキドキ、過去の4回の挑戦ではあり得なかったことです。ちょっとした禁断症状みたいです。美絵の前立腺(アナル)が、あのわずかな快感を覚えていて、それ以上のものを期待しているかのようです。

 はやる気持ちを抑えて、エネマローターを美絵のアナルに挿入します。心なしかエネマロータがいつもよりたやすく挿入されたかと思うや否や、『ジィー・・・』 とする前回と同じ小さな気持ちいい麻痺がさっそくきました。前回はその後スゥーと消えてしまったのですが、今回は何があったのでしょう、「切ない悲しい気持ち」 が美絵に湧いて、嗚咽を漏らしそうになってしまったのです。そして美絵のペニから体液が『タラ~リ』流れ出したのです。美絵のペニは全然勃起してないのにです。むしろ3cm位に小さく縮んでる可愛い状態なのです。(※1) 前立腺刺激が美絵の脳に何らかの影響を与えてるとしか思えない不思議な現象です。(※2)

 そのうち肩の後ろから上腕にかけてゾクゾクしたかと思うや否や、美絵の上半身がカクカクと震え始めたのです。下半身は硬直してたような震えていたような、意識がうっすらで思い出せません。自由になっていた右手の指が小刻みに震えていたのを覚えております。


                         TOPへ


(※1) 
美絵のペニは小さくて、おまけのように付いてます。 神様が間違ってつけてしまったのでしょう。 普段は3、4センチ位で皮を被ってます。それでも一人前に反り返って勃起します。すると簡単に皮がむけ深紅のお顔をのぞかせますが、それでも長さはせいぜい11.5センチです。少年のものみたいでとても可愛いです。


※2) 
どうやらこれは「トコロテン」(隠語)と言うもので、出てるのは精液らしいです。美絵、ドライではほぼ毎回この現象に襲われます。おかげでシーツは染みだらけ、休日はお洗濯に追われてます。そして大切なこと、男としての射精オナニーがまったくといっていいほど無くなってます。(トコロテンで精液を失ってしまうからか?) ちょっぴり心配。でも女の子として成長してるようでもあり嬉しいです。(2009-09-19記)



        【不思議な現象発生】
 
      勃起もしてない美絵のペニ先に
       なにやら体液が溢れ出て
        ついには、 『タラ~リ』 
        糸引いて垂れ落ちます
          


           (2009-08-01 up)

5.2008年6月21日(土曜日) その2

【ついに絶頂の快楽が】

 小さな気持ちいい麻痺感覚が次第に腰全体に広まり、強烈になってきます。それはまるで津波のようです。遠くに見える小さな波が徐々に大きくなって押し寄せて迫って来ま・・・ 「ヴガギャー△●”#!」

 美絵、大きな奇声(咆哮)(※1)を発してしまったようです。それはあっと言う間の出来事、避けるすべもなく、凄まじい快感の衝撃波に呑み込まれたのです。白目むき出しの形相で上半身仰け反り、両脚はピィーンと伸びて硬直、身体全体が小刻みに痙攣しています。

 想像をはるかに超えた絶頂の快楽。その苦悶に耐えるかのように眉間に寄せられたしわ、瞳はやがて固く閉ざされ、顎を突き出し、口を「パクパク」。 美絵、何か言おうとしているのでしょうか、断末魔のように苦しげな息がかすかに漏れるだけです。 美絵、明らかに「悶絶」です。

 1・2分ほど経ったのでしょうか、気付いたら全身の力が抜け汗が滲んでます。男の方のように激しいピストン運動をした訳ではないし、これは女性と同じ「オーガズム」に達した証なのでしょうか。 美絵、深く息を吸い「フゥー」と吐き出します。今までのオナニーやセックスでは経験の無い不思議な充足感、幸福感でいっぱいです。 

 しかし、そんな安らぎを感じて間もないのに、美絵、もう一度欲しくなってしまったのです。 エネマローターを前立腺に押し当てると、すぐあの小さな気持ちいい麻痺があって、先ほどと同じように腰全体に増幅してきます。あとはまったく同じ、衰えるどころか先ほどに増しての絶頂の快楽です。

 また、そしてまた・・・。 お腹の中の前立腺が「ムズムズ」うずいて要求してきます。とにかく何度も何度も欲しいのです。今は空前絶後としか思えない「絶頂の快楽」なのであたり前ですが、繰り返されるには他の訳がありそうです。 繰り返しのその度に、全てが「リセット」されてしまうのです。何度繰り返えしても美絵の身体は疲れをまったく感じないし、快楽のレベルは1回目と同じで衰えを知らないのです。 男性の「オーガズム」とは比べ物にならない、まったく異質なものです。

                         TOPへ






【それは咆哮で始まった】
逝ってしまった美絵
全身痙攣が美絵を襲い
身体が仰け反ります


何度も繰り返される
ドライオーガズムの超快感に
悶え苦しむ美絵










(※1)咆哮(ほうこう)
   →獣などが、ほえたけること。また、その声


             (2009-08-15 up)

6.2008年6月21日(土曜日) 最終回

【優しさに包まれて】

 オナニー開始から1時間を超えました。幸福感の中で自然に終了することに。 結局、7~10回のオーガズムを得たようです。大きなオーガズム、小さなオーガズムが入り混じって、途中からはっきりしないのが実情です。

 当たり前ですが射精はありませんでした。射精したいと思うこともまったくなかったのです。女の子のような体つきしてる美絵ですけど列記とした男性、小さくても十分な機能を有してます。こんなに気持ち良ければ常識的には大爆発のはずです。美絵の男の子のある部分が切り離されたとしか思えない不思議なことです。

 でも、もっと不思議なことは、肉体的疲労がまったくないことです。1時間以上もの「絶頂の快楽」の繰り返し、疲労が蓄積して当然と思えます。なのに、この清々しい穏やかな気持ち、それに充足感、そして、身体が雲の上にいるようなふわふわとした優しさに包まれ、すばらしい余韻に浸っているのです。

 肉体的疲労を脳が認識できない特異なことが起きたのでしょう。これが女性のオーガズムというものでしたら、まったくうらやましい限りです。男性のセックスときたら、射精とともに一気に萎えてしまい、疲労感もありとても余韻に浸るどころではありません。オナニーに至っては罪悪感に襲われてしまうことさえあるのに、これは大きな違いです。

 異次元の世界とも思われる「ドライオーガズム」、神様は内緒で男にも女性のオーガズムを与えてくれてたのです。それがいま現実のものになって感激でいっぱいです。 超Hな体に生まれてしまった美絵の宿命、この神様からの大切な贈り物と一生お付き合いすることになるのでしょうね。
                          (完)

                         TOPへ



         【終息へ向かう美絵】

    体液を垂れ流し、一時は紫色に膨れた
      美絵のオ○ンチン、その後
       一切お相手されないのに
      おとなしく着いてきてくれました



【超安らぎの美絵】

腰全体に広がるオーガズムの余韻で
立ち上がることすらできず
動けない美絵
10分間はだめでした











【美絵の体験講座】
ドライオーガズム
こうして美絵は得られました






     第1編へ     
 Copyright (C) 2009 Sitagijososi Mie All Rights Reserved.
inserted by FC2 system