本文へジャンプ
カウンター
美絵の下着女装生活エッセイ

                                                           
                                         (画像をクリックすると拡大します)

            2011-08-27 up

2.女子校生への夢 その2 放課後

続き

「美絵ちゃんは、やはりいい匂いしてるな」

 一日中穿いたパンティ。 夕方ともなるとどうしても恥ずかしい染みが着きます。 それにまだ夏の暑さが残るこの季節。 汗、尿の拭き残し、そして女性特有の帯下とが混じり、性器の匂いはとてもきつくなっているはずです。 ウォシュレットのない学校だから余計にです。 そこに密着してるパンティは推し量るまでもありません。 あまりにもの恥ずかしい先生の言動に美絵は声を失い、体の震えが増してくるのでした。

「怖がることは無いんだよ」

 優しい言葉とは裏腹に美絵の恥ずかしい気持ちをまったく斟酌することなく、先生の行動は執拗でした。 先生は美絵の股間に覆い被せた顔を決して離そうとしないのです。 先生の口、そして鼻は美絵の性器に吸い付くように的確に捉えているのです。

「ううー、うぅーん、・・・」

 先生は眼を閉じ、陶酔したように呻きのような小さな声をあげます。 ゆっくり、孤を描くように顔を動かし、どうやらあそこの匂いをずっとずーと嗅いでいるのです。 5分、10分、そして20分たっても先生はいっこうに飽きることなく美絵の股間から顔を離そうとしないのです。 いったいこれは?

 そういえば先輩から先生の奇妙なうわさ聞いたことがあります。 先生は女性の下着と女性器の匂いのフェチらしいのです。(そんなのあり??) 穿いてたパンティを獲られた子がいるとか、職員室に呼び出されスカートの中に頭を入れられて匂いを嗅がれたとか、うわさは枚挙にいとまがありません。 SK先生がまさかそんな・・・と思っていた美絵ですが今、まさに美絵がその餌食となってしまったのでしょうか。

 股間に押し付けられた先生の口と鼻が美絵の敏感な花弁を刺激します。 パンティの上からですが、ときどき舌を突き出して美絵の割れ目に挿し入れるようともするのです。 アナルにも「ツンツン」とその攻撃が及びます。

 美絵の心は確かに先生のいやらしい行為を拒否しその苦痛に耐えています。 しかし、これだけの執拗な性器への刺激に思春期から性熟期への、まさに盛りの若い子が無反応でいられること自体がおかしいです。 美絵の体は正直に反応してしまったのです。 愛液が染み出しました。

 それはみるみるクロッチの二重繊維を突き破り、パンティの表面にまで染み出したのです。 ベットリと大変な量です。 先生は舌でそれをペロペロ舐めます。 それに刺激された美絵も負けまいと愛液をさらに噴出するのです。 なんとも奇妙な構図の師弟関係が展開されてしまったのです。

「美味しいよ、美絵ちゃん」

 若い子のエキス? をむさぼるように先生は舐め続けます。 先生のひどい恥ずかしい行為でも、パンティの上からなら何とか耐え忍ぶことはできます。 ところがです、それだけに留まることを期待してた美絵の甘い考えは簡単に覆されるのでした。

 下半身を突然露出した先生の肉棒はビンビンに青筋を立てて、美絵の目前に誇らしげに突き出されたのです。 年齢に似合わずカリの張り出しがすごいです。 これがおとなしく引き下がるとはとても思えません。 美絵は観念するしかありませんでした。 先生は四つん這いになった美絵の背後に再び回ると、嫌がる美絵のパンティをゆっくり下ろしたのです。

 美絵の若いマ○コが先生の目前で露になります。 ピンク色の綺麗な小陰唇はまるで少女の性器。 でもその可愛い色に不似合いな豊富な茂みはアナルの周りまでもビッシリ覆って成熟さを物語ります。 すでに愛液でグチョグチョ。 濡れた花弁はパックリ開いて深紅の膣壁がわずかに覗けます。 プーンと独特の臭気も漂います。

「美絵ちゃんマ○コ、すごいよ、開いてるよ」
「欲しいんだね、美絵ちゃん、いくよ」

「えっ、え、ぃ…ゃ、えぇー」

 拒否とも承諾ともいえない返事がやっとの美絵。 されど無意識でお尻を「グン!」突き出す美絵のしぐさは明らかに承諾の証。 それを見た先生はいたたまれなくなって大きくなったペニスを美絵のグチョグチョ割れ目に突き刺したのでした。

「あっ!、あ、あ、あーーーーー・・・」

美絵、絶叫。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」

 そのとんでもない大きな声にビックリしで眼が覚める美絵。 カーテンの隙間から休日のまぶしい陽がさしてます。

 先ほどオナニーで使用したディルド、ブラックカイマンが美絵のお尻の下敷きになって、先がアナルに突き当たってます。 女子校生のスカートとパンティを穿いてのオナニー。 その後、気分良くうたた寝してしまった美絵の、夢での出来事でした。
                       TOPへ






先生は
四つん這いになった美絵の
パンティをゆっくり下ろし









                           メニューへ
 Copyright (C) 2009 Sitagijososi Mie All Rights Reserved.
inserted by FC2 system