本文へジャンプ
美絵のアナルオナニー教室


アナルは本当に気持ちよくなるものなの?


 
【4年に及ぶ美絵のアナル調教の本音】



まずは4年にも及ぶ美絵のアナル拡張と調教の歴史的数値報告から

美絵はアナルにディルドを3万2千回突き刺して

アナル膣内でピストンを
320万回、したことになります。
(→下記※1参照)

※1 美絵は年間400回以上のオナニーをしてる!!

美絵のオナニー日はほぼ確実な金・土・日と、その他1~2日の週4~5日、年間約230日です。

金・土・日は、日に2回、場合によっては3回のオナニーが常態化してますから

230+(230×(3/4))≒
400 美絵は
年間400回以上のオナニーをしてることになります。

1回のオナニーでアナルへの抜き差し回数は約20回、ピストン総数は平均2000回とすると、


抜き差し総累計数=400(回) × 20(本) X 4(年) ≒ 32000回

ピストン総累計数=400(回) × 2000(回) X 4(年) ≒ 
3200000回


これほどの膨大な数になると、アナルは排泄器官としてのみ存在するものではなくなってしまうようです。

男性器など凸型の挿入に対応できる変化が自然発生的に起きます。(生体の不思議)


美絵の場合、肛門上皮は変異し、女性器のように
小陰唇化、直腸は膣化したようで

強く突かれ何度も擦られることを前提とした器官に生まれ変わってしまったようです。

これは生体防御反応なのか、


それとも生物は元々排泄器官と生殖器官が一つであったといいますから、
先祖がえりなのでしょうか。

(参考)→美絵のアナル肛門上皮の小陰唇化画像 →ヒラヒラ化初期段階

                                →小陰唇形成化画像


こうなると

男性としてのセンズリオナニーだけでは到底満足できない体になります。

男性の射精の数十倍の快感
(美絵の実感値)、これを

一度でも体感してしまったら、誰しもがそれを決して忘れられない存在になってしまうでしょう。

今まで経験したことのない感動の快感だから・・・。



アナルは嘘をつきません。

諦めずに時間をかけ努力を惜しまなければ
必ず気持ちよくなる!!

4年間の実体験に基ずく美絵からの間違いのないメッセージです。


但し、体をいつも清潔に健康に保つことは第一の条件です。

食物繊維を意識的に摂取して腸内健康維持は必須!!


それに適度な運動と十分な睡眠



それが長く続けることができるためのもっとも大切なことなのだからです。



美絵もはじめは全然だめ、ただ痛いだけでした。

幸いにも美絵は男の方との性生活を夢見て、アナル5cm拡張という
確固たる目標があったので、

焦らず歳月をかけて取り組むことができ、その結果、

超快感のドライオーガズムはとうに得ていた美絵ですが、


ディルド挿入、その単純な挿入行為そのものが非常に良くなったのです。

こうなると、挿入による痛み、相当に激しいピストンでも痛みはまったく感じなくなります。

これはまさに
性器化、成熟期の女性器と変わらないものになったことを意味します。



さらに、体内奥深く突き刺すS字結腸突き、そしてS字貫通

それができるようになります。

それもはじめは鈍痛だけでひどいものでしたが、

やがてそれが気持ちよくなり、
子宮を男根に突かれる女性器の妄想境地に入るのです。


男の方の『精液が欲しい』という感情が不思議に湧くのです。



なぜなのか理由はまったく分かりません。

脳に半分女の子が存在する美絵特有の錯乱による幻想かもしれません。


実際に女性器の子宮の収縮を思わせるような内臓の収縮する感覚があり

それはそれは

とても
気持ちいいことなのです。


お口からはよだれをたれ流し悲鳴と咆哮下肢硬直、そして白目むき出しの激しい痙攣を伴うことも度々です。


ドライオーガズムという超快感がこれとは別にあるのですから




とにもかくにもアナルは凄い!


第2の性器とも言われますが、間違いなく


 性器
 そのものです。



努力しだいで誰にでもその快感を享受できることを、今の美絵の体



超Hな


アナルマンコが証明!!


します。







    このウィンドウを閉じる
 Copyright (C) 2009 Sitagijososi Mie All Rights Reserved.
inserted by FC2 system